あなたに会いたい あなたを知りたい あなたと一緒に笑いたい

スタッフ紹介

  • HOME »
  • スタッフ紹介

●スタッフについて

ラポール発達教室は、公認心理師、臨床心理士、臨床発達心理士、言語聴覚士、社会福祉士、保育士、児童指導員が勤務しています。また、心理判定経験者が発達検査を担当します。
更にスタッフは、教育や心理士系の大学院卒、または心理学部卒のスタッフで常に学び続ける姿勢と熱意を持ち、子どもたちをサポートします。

●専門行動療法士の巡回について

自閉症や発達障がいを専門とするトップランナーである早稲田大学名誉教授佐々木和義氏による巡回があります。また、スタッフと共にカンファレンスにて一人ひとりの子どもの療育支援プランを決定していきます。ラポール発達支援教室の専門療法は、行動療法、認知行動療法、応用行動分析、SST(ソーシャルスキルトレーニング)です。

監修者 佐々木和義氏(早稲田大学名誉教授)

長年に渡り、認知臨床発達学、発達障がい、中途障がい、機能分析、社会的スキル訓練などのトップランナーとして国内における研究分野を開拓し、発展に導いている研究者です。
臨床発達支援は、1,000件を超え、子どもから大人までのASD(自閉スペクトラム障がい)、AD/HD(注意欠陥・多動症)やその家族まで幅広い支援経験をもつ第一人者でもあります。神戸看護大学教授、兵庫教育大学大学院臨床・健康学系教授兼発達心理臨床研究センター長を経て早稲田大学 人間科学学術院 教授に就任しました。研究者としてだけではなく、実際に療育家として臨床に熱意をもって励んできました。自閉症の子がとても大好きで大学院生と共に旅行にも行っています。また研究者としても100以上の論文を執筆され自閉症や発達障がいの理解を広く発信しています。

 

●主なスタッフ紹介

児童発達支援管理責任者

村上 初枝(保育士/幼稚園教諭)

所属学会 日本DCD学会

幼稚園・保育園勤務を経て、子どもの認知機能に関わる仕事を長期に渡り行い、その中で発達障がい児の個別療育も行ってきました。また、同時に、子育て支援団体NPO法人で理事長を務め、発達障がいへの理解の普及にも携わってきました。

その間、各市町村や保健センター、図書館からの依頼を含め、0歳児から6歳児までの親子講座、イクメンパパ講座/祖母講座/知能あそび講座/絵本講座など多彩なテーマで講師活動を展開し、多くの親子との出会いから様々な不安や悩みとの向き合い方を知りました。それらの経験を生かし、ラポール発達教室では、主に子どもの認知の発達や学びを高めていくための身体の土台づくりを担当していますが、お子様だけでなく、保護者の方々とも連携し、各ご家庭の方針を大切にしながら、今のお子様にとって何が必要なのか、大切なのかを一緒に考え、ともに成長を喜び合えたらと思います。

野々部 夫磯子(公認心理師/臨床発達心理士/保育士)

所属学会:日本特殊教育学会、日本LD学会

南山大学 大学院 人間文化研究科 修了

大学院生時代は、主に育児不安の研究に取り組みました。その後、保育現場での勤務を経て、大学や専門学校にて保育原理の非常勤講師を務めます。 また、特定非営利活動法人成長・発達サポートあいち(子育て支援)の理事長として親子講座のプログラムの開発、講師の育成や指導などを担当してきました。

専門は、知的障害を伴ったお子様の支援です。無邪気に笑う子どもたちに寄り添い、必要な支援をいつも考えています。最近では夢でも考えるようになっています(笑)。また学習障害児も担当いたします。ラポール発達教室では、主に療育プログラム作成などに取り組んでいます。

髙崎 亜希(児童指導員/ 幼稚園教諭・小学校教諭一種・中学校教諭一種 )

教育大学初等教育課程にて、幼稚園教諭・小学校教諭一種・中学校教諭一種免許状を取得しました。療育センターで非常勤として務めました。その後、小学校の支援級教諭を経てラポール発達教室にまいりました。保育所等訪問支援員として、お子さんを支えるご家庭・通園通学施設・発達支援を行う事業所が「one team」となるように、この三か所をつなぐお手伝いをさせて頂きます。子どもたちにどんな困りことがあるのか、どんなことが将来に向けて必要なのかをその子の姿をじっくり見て関わることで見つけていこうと考えております。お父さんお母さんの心配事が少しでも軽くなるようアドバイスさせていただきます。共に考え、悩みながら子どもたちの成長を楽しんでいきましょう。

近藤 明美(保育士)

保育士として、17年間勤務致しました。今は成人となった我が子が発達障害を持っており、まだ今ほど行政の支援や様々な情報などが乏しい中で育児をしてまいりました。その中で、その子をもっと知りたい、そして療育について学びたいという思いが深まってまいりました。ここで出会えるお子様達が毎日笑顔で過ごしていけるよう、これまでの経験を活かしながら新たに学び探求していきたいと思います。子どもたちの世界をともに歩み、受けとめ、保護者の皆様とお子様のことを一緒に支えていくお手伝いをしたいと考えております。

村中 真弓(保育士)

大学時代は、文化人類学を専攻し「治療的コミュニケーション」について研究しました。その頃からずっと人と人との温かい関係性を大切に思い、特に健全な親子関係の構築に関心を持ってきました。結婚し子育てする中で、子どもたちの小さな声を大切にしたいという思いから保育士資格を取得しました。保育士となってからは、学童保育、保育園勤務を経験し、子どもたち一人ひとりのそのままの気持ちを尊重する保育を心がけてきました。その中で一人ひとりが輝きながら生きていくお手伝いがしたいと思い療育の道へ進みました。今後は心理学を学びながら、子どもたちの未来に向けてご家族と一緒に考えながら生きる力を育む手助けができるようがんばっていきたいと思っています。

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © ラポール発達教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.